新着情報
防災研修:図上訓練DIGのグループ研修郷土研修:知新館(知新門)にて言志四録について学ぶ郷土研修:木村邸にて郷土の歴史について学ぶ
 9月26日(火)、今年度、恵那市の小中学校に新任として赴任されている17名の先生方が、第3回恵那市小中学校初任者研修会に参加されました。  午前は、恵那市防災センターで恵那市防災研究会の可知悟様、危機管理課の伊藤様、纐纈様より「図上訓練DIG」「災害時の食に備える」の研修をさせていただき、災害時の具体的な対応方法の体験をしました。研修後に参加した先生は、「災害はマニュアル通りにはやって来ない。いざという時、自分や周りの人の命をより多く救うためには、その都度、自分自身で判断して行かなければならないことを実感しました。教員という立場である以上、なおさら、そのような責任感を磨いていかなければならないと思っています。」と話していました。  午後は、岩村町でいわむら一斎塾理事長の鈴木隆一様より、言志四録(知新館にて)について教えていただきました。また、岩村の町並み(重要伝統的建造物群保存地区)を散策しながら、土佐屋、木村邸などを見学して、地域の特徴や歴史について実物を示しながら教えていただきました。研修後に参加した先生は、「岩村には、城下町や商品だけでなく、佐藤一斎先生の生き方が根付いていることを知りました。中でも『晦(かい)に処(お)る者は能(よ)く顕(けん)を見、顯に拠る者は晦を見ず』【意味:暗い所にいる者は、明るい所をよく見ることができるが、明るい所にいる者は、暗い所を見ることができない。】がとても自分の心に残りました。自分は学級の晦、顯にそれぞれどのような接し方をするべきか、今一度、自分を見つめ直したいです。佐藤一斎先生の言志録の言葉は教育に通ずるものが多く、これが恵那の教育の基盤をつくっていると感じました。そして、市や町で受け継がれていく城下町やものづくりを大切にしていきたいです。是非、子どもたちが誇りに思えるような、教育ができる教員になりたいです。」と、思いを語っていました。(詳細を見る
えなこども園ネットワーク新着情報
第14回保育参観研究会(大井こども園)の開催(2017年12月29日)
 11月29日(水)大井こども園、3歳児うさぎ2組が「わらべうたあそび『ぶーぶーぶー』」の活動を公開しました。大井こども園は友だちとのかかわりが経験できる遊びとして「わらべうたあそび」を日々の保育に取り入れています。うさぎ2組は園の生活に慣れてきた5月頃に、まだ友だちの名前を覚えきれていない姿を見て、名前を呼び応えてくれる楽しさを感じられる遊び「ぶーぶーぶー」を取り入れ遊び始めました。友だちを意識して名前を呼んだり、誘い合ったりできるようになると、遊びを発展させ、いろいろな動物になりリトミックのように体を動かして遊ぶようにしました。また、ジャンプやスキップなどの運動も取り入れるように工夫しました。今回、鬼ごっこ形式にしてルールのある遊びを楽しむことにしました。 活動の導入は、紙芝居「三匹のこぶた」を集中して聞いていた子どもたち、面白い場面や気に入った場面になると、笑い声等が漏れてきました。その姿が本当に自然で読み聞かせの姿はいつもこうなんだなと微笑ましくなりました。遊びのルールに「お家(ホースの中)に入ったら、おおかみ鬼に捕まらない。」があり、一人一人のお家(ホース)を確認しました。園庭へ移動し、わらべうた「ぶーぶーぶー」の遊びを始めました。みんなでわらべうたを歌い、最後におおかみ鬼が「ぶーぶーぶー」と歌うと、こぶたは逃げなくてはいけません。あらかじめ設定したお家まで、こぶたになって一生懸命走って逃げました。お家の場所は、子どもによって違い、遠くにお家を設定する子、スタートラインの近くに設定する子と様々でした。おおかみ鬼もなかなかの走りで、仲間を増やしていき、園庭には追う、追われるときに出る元気いっぱいの声が響きました。2回の交流会では、最後まで捕まらなかった子を紹介し、みんなでたたえました。初めてチャンピオンになった子はとっても嬉しそうでした。週末の振り返りでは、スタートの近くに家を設定した園児がだんだん遠くにお家を設定した様子や、おおかみ鬼が元気よく「ガォ~!」と言って遊びを盛り上げたことや、遠くにお家を設定し、いっぱい走って遊びを楽しんだ子を評価し、価値づけました。冬空の寒い日でしたが、うさぎ2組は「ぶーぶーぶー」の遊びで笑顔いっぱい遊びを楽しみました。

すべての新着情報をみる

カレンダー
2018年01月
010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
近日のイベント