新着情報
 1月30日(火)、今年度、恵那市の小中学校に新任として赴任されている17名の先生方が、第4回恵那市小中学校初任者研修会に参加されました。午前は、恵那市役所で副教育長より、「より良い学級経営ができる教師のあり方」としての講話から、この1年間の実践を振り返り来年度への目標を考えました。講話を聞き終えた先生は、「教師以前に人としてのあるべき姿について考えさせられました。子どもたちは、目の前にいる大人たちの鏡だと思っています。私自身が自立と成長をしなければならないと思いました。」と、振り返っていました。  また、恵那西中学校の勝川秀樹主幹教諭より、「生徒指導のあり方」として、特に、いじめ防止や対策の理解と取組について確認し、児童生徒の安全・安心についての研修をしました。研修に参加した先生は、「『あたたかいクラスをつくる』こと、『自己肯定感を高めるために成功体験をたくさん積むこと」がいじめを未然防止するために、とても重要な一つであることが分かりました。私自身、小学校と高校の時にいじめられ学校に行くこと、クラスにいるのが本当につらかったです。つらいときにそばにいて、しっかりと頼れて何でも相談でき、子どもたちの心のよりどころになれる先生になりたいです。」と語っていました。  午後は、恵那西中学校の郷田賢教諭より、「構成的グループエンカウンターを活用して満足できる学級づくり」として、様々な演習を通して、子どもたちがどのように感じながら取り組んでいくのかを実際に体験しました。研修に参加した先生は、「実際に体験してみてとても楽しかったです。このような活動を通して、自分の意見を安心して仲間に伝えたり、人と自然に関わりがもてたりするようになるのだと思いました。人付き合いの苦手な私でも無理なく参加することができたことが大きな収穫です。」と話していました。  そして、最後に1年間のまとめをしました。年度当初に、初任者の先生方が書かれた「教師生活をはじめるに当たって」の目標や決意をもとに、この1年を振り返りました。研修を終えた先生は、「1年前に決意したことや目標ができているかと言われると、まだまだそうでない部分ばかりです。でも、教員として日々を過ごす中で、あらゆるところで毎日発見があったように思います。そんな発見ができたのも、今いる学校の子どもたちや先生方、保護者や地域のみなさん、そして、研修でお世話になった先生方のおかげだと思います。感謝しながら、来年度からも毎日学びのある教員生活にしたいと思います。」と、語っていました。(詳細を見る
えなこども園ネットワーク新着情報
第15回保育参観研究会(東野こども園)の開催(2018年1月24日)
 1月24日(水)に東野こども園で、3歳児き組が「鬼に負けないで豆まきトレーニング」の公開保育を行いました。東野こども園は、特色ある園活動のテーマを「話をよく聞き、自分の思いや考えを様々な表現で伝えられる子」とし、絵本の読み聞かせを通して取り組んでいます。この日は、「ねこまるせんせいとせつぶん」の読み聞かせを楽しんだ子どもたち、絵本に出てくる女の子のように鬼に変身して、「強い鬼」「元気な鬼」を体で表現しながら遊戯室へ移動しました。遊戯室では、鬼めがけて新聞豆を投げ、鬼をやっつける遊びを楽しみました。まずはピンク鬼、大きく開いたお腹や口めがけて、新聞豆投げを楽しみました。投げる姿勢もよく、シュッとまっすぐな新聞豆を投げるき組の子どもたち、お腹や口に新聞豆がいっぱい入り、日ごろから鍛えを感じました。次は赤鬼の登場、動く赤鬼めがけてたくさんの新聞豆を投げました。当たると音がするのも楽しさを演出しました。2つの鬼をやっつけて、安全地帯で感想を交流していると、石川先生が徐々に鬼になってしまい、石川先生鬼に新聞豆を投げて、投げて、石川先生鬼は素早く追いかけてくるので、楽しい気持ちいっぱいになりました。さらに、見ていた参観者も青鬼に変身して、遊びを演出しました。場面展開が途切れなく設定され、子どもたちから自然に、「もう1回やりたい。」「もっとやりたい。という声があがる、笑顔いっぱい、元気いっぱいの楽しい活動になりました。

すべての新着情報をみる

カレンダー
2018年02月
010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728
近日のイベント