学校長挨拶

めあてをもち 仲間と共に やりぬく子                              『地域と手を取り合って、明智の担い手を育む』

               恵那市立明智小学校   校長 高橋 光弘
 今年は、元号が平成から令和に変わります。それに伴い、今後社会も大きく変化していることが予想されます。私達学校職員も、気持ちを新たに明智小学校の教育活動をよりよく進めていきたいと考えております。
 さて、ご存じの通り現在日本では、少子化と高齢化が進み、地域社会においてもかつてのような活動や連携が難しくなってきています。当然、明智町も同様な課題を抱えています。しかし、そういった状況の中でもたくましく時代を切り拓いていく人材を育成することが学校教育の使命だと考えています。困難な問題から目をそらさず、常に目標をもち、解決策を人々と相談しながら粘り強く取り組む人材こそ、明智町が求める担い手だと思います。まさしく、本校の教育目標「めあてをもち 仲間と共に やりぬく子」が描く姿です。
 今年度も、この教育目標の具現に向けて精一杯頑張ります。ただし、学校だけでは限界があると考えています。そこで、昨年度から始まった『コミュニティスクール』をより充実させていきたいと考えています。
 そのためにも、学校・家庭・地域が手を取り合って、オール明智で子ども達の教育を進めていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。


カレンダー

2019年09月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
近日のイベント