学校長挨拶

「自らの内なる輝きを見出し、力強く放て!」

~あなたは、あなたであるだけで、かけがえのない存在~

校長 熊﨑 健一

長い長い臨時休業と春休みが終了し、ようやく新年度がスタートしたところですが、19日までさらに2週間、臨時休業を延長することとなりました。先行きの見えない不安が長期に渡って続く中、保護者の皆様にも多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、まずもってお詫び申し上げます。

新型コロナウイルス対策につきましては、国や県の最新の動向を注視しつつ、恵那市教育委員会や関係学校等と連携を図りながら、「子供の安全・安心」を最優先に今後も学校として対応してまいります。引き続きご苦労・ご不便をおかけすることとなりますが、何卒、ご理解・ご協力のほど、お願い申し上げます。

新型感染症の発生は100年に一度(新型インフルエンザもありましたが…)あるかないかといわれています。困難な日々が続くことも予想されますが、近い将来、かならず克服する日はやってきます。その時こそ、「みんなで力を合わせて、この難局を乗り切った!」と力強く誇れることを信じ、オール恵那西中・オール恵那市・オール岐阜県・オール日本・オール世界の仲間で、この未知の感染症に挑んでいきましょう!

全校生徒390名、教職員40名で新年度がスタートしました。過去に経験のない式典や学級開きでした。職員もまた、今日という日に夢と希望を膨らませながら準備してきましたので、この出会いには“格別の思い”をもったことでしょう。この“思い”は、必ずや生徒や保護者の皆様とともに挑み続ける原動力となります。

式辞では、次のようなお話をしました。掻い摘んでお伝えすると、「思春期ともなると自分自身を客観的にみることができるようになる。それは、大人へと成長する確かなステップ。ややもすると自分のできないこと、足りないところ、嫌いなところに目を向けてしまいがちだが、実は、そうでもない。誰にでも内に秘めた輝き(よさ)が必ずある。それを自分で見つけ、磨き、力強く発信し続けてほしい!それが自分への小さくても確かな自信(自己肯定感)につながる。マイナスからのスタートなんてない。だって、あなたは、あなた自身、そして、あなたを取り巻くすべての人にとって、もうすでにかけがえのない存在なのだから。」という感じです。

子育ちを支えるパートナーとして、ともに手を携え頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。

  

 


カレンダー

2021年01月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
近日のイベント