学校長挨拶

グライダー型ではなく、飛行機型の人間に

校長 伊藤 政之

新入生・転入生を含め、児童383名で大井第二小学校の令和6年度が始まります。

今年度、目指す子供の姿を次のように考えました。

【目指す子供の姿】 ◎誰もが、「こうしたい」「分かる」「できる」を実現できる

  •   かしこく  …… 学び合う喜び
  •   なかよく  …… 認め合う喜び
  •   たくましく …… チャレンジし合う喜び

 

昨年度、「こうしたい」という思いや願いをもつことについて、全校集会などを通じて、子供たちに繰り返し話をしてきました。ChatGPTに象徴される、変化の激しい社会を生きていくことになる子供たちが、主体的に生きていくためには欠かせない「資質」と言ってよいでしょう。

英文学者・言語学者の外山滋比古さんは、かつてその著書の中で、「先生と教科書に引っ張ってもらうグライダー型ではなく、エンジンを積んで自分の頭で考え、自力で飛びまわれる飛行機型の人間こそ、これからの時代には必要なのではないか」と述べています。今、まさにその時代を迎え、複雑で変化に富んだ現代社会において、自立し、主体的に参画できる子供を育てていく教育が必要とされています。

その具現に向け、「自分はこう考える」「こんな自分になりたい」という思いや願いを子供自身がもつことを大切に、今年度も職員総がかりで目指す姿の実現を図ってまいります。

保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、本校の教育活動に対して深いご理解とご支援、ご協力を賜り、ありがとうございます。今年度もどうぞ宜しくお願いします。

 


カレンダー

2024年07月
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
近日のイベント