校長室より

「これぞ飯地」と誇れる運動会 から

9月28日(土)におこなったこども園・小学校合同運動会は、「これぞ飯地」と誇れるものにできたと自負しています。閉会式でのあいさつ、閉会宣言のときの参会者からの温かい拍手が実にうれしく感じました。「あやの花」と「一平の実」という2つの視点からそう感じられた要因を考えてみます。

「あやの花」の視点・・・大きい子も小さい子も、そして大人もやさしさに裏付けられた言動ができていました。

「こども園の園児を誘導する団長さん」

「園児と共に応援席でダンスする子どもたち」

「“できるよ”“がんばれ”など励ましの声をかけあった一輪車演技」

「負けた団を気遣い、くやしかったろう、がっかりしたろうと相手の気持ちを思いやって振り返りの文を書いた子」・・・

「一平の実」の視点・・・身体を痛めても、心を痛めても、やりきろうと懸命にがんばることができていました。

「道具を設置した後に全力で入場門に走っていく子」

「転んで足を痛めた後も全力で最後まで走りきった子」

「頭の先までエネルギーを満たしているような顔で声を出した応援合戦」

「連敗してしまった競技の後も団員に指示を出し続けた団長」・・・

月並みですが、これらのことは子どもたちの骨となり血となり、根付いていくと思います。そして、これからの学校生活・家庭生活に生かされていくでしょう。職員は、「これがあなた(たち)の力だ」と自信につなげていきます。

10月26日(土)におこなう学校コンサートの取り組みを始めました。運動会で身に付けた力、プラスみんなで楽しむ心も大きくなりそうな気がしています。

そして、11月16日(土)の「いいじっ子発表会」では、その時点までの子どもたちの高まりを観ていただけるものと考えています。

地域の方や保護者の皆さんにも、また協力いただけたら幸いです。

2019.10.8

恵那市立飯地小学校  校長  竹中  学


カレンダー

2019年11月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
近日のイベント